ラテ

個人輸入代行お薬紹介

アトロベント効果はどれぐらいなのか?

□効果・効能・用法

 

 

商品概要

アトロベントは、気管支喘息、慢性閉塞肺疾患の長期治療に用いられるコントローラーです。アトロベントは抗コリン薬と呼ばれており、吸引すると気道が収縮するのを抑えて気管支喘息などの症状を緩和します。

使用方法

  • 1回につき、1~2噴射(20mcg-40mcg)します。これを1日あたり3、4回行います。
  • インヘーラーで、吸入した後は、口の中に薬が残っているためなるべくうがいをしてください。

効果効能

 

□レビュー検証

 

 

 

□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

アトロベント

 

 

 

シングレア・ジェネリック10mg効果はどれぐらいなのか?

□効果・効能・用法

 

 

 

商品概要

日頃から服用して気管支ぜんそくの発作を予防する長期管理薬です。

花粉症などのアレルギー性鼻炎の鼻づまりを解消する効果もあり、抗ヒスタミン剤があまり効かないときに有効です。

シングレア・ジェネリック10mgは、シングレア(萬有製薬)のジェネリック医薬品で、有効成分はモンテルカストナトリウムです。

気管支ぜんそくの治療薬には、発作が起きたときに使用するお薬とふだんから服用して発作を予防するお薬があります。

シングレア・ジェネリック10mgは、毎日就寝前に服用して発作を予防する維持管理薬です。副作用が少ない新しいタイプの抗アレルギー剤で「ロイコトリエン拮抗薬」に分類されます。

ぜんそくは発作をくり返すことで症状が悪化しますが、シングレア・ジェネリック10mgは気管支の収縮と気道の過敏性の亢進を抑制するので、ぜんそくの発作が起きにくくなります。

シングレア・ジェネリック10mgは、アレルギー性鼻炎のくしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状にも適応が追加されました。

鼻粘膜の炎症を抑えて鼻の通りを良くします。抗ヒスタミン剤で症状が改善しないときにも効果が期待できます。

気管支ぜんそくの場合と同様に、1日1回、就寝前の服用で効果が持続します。

使用方法

  • 気管支炎の場合:成人で目安として1日に1錠を1回、就寝前に服用します。
  • アレルギー性鼻炎の場合:成人で目安として1日に1錠を1回就寝前に服用します。
  • 上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。

副作用・使用上の注意

  • 悪心、じんましん、消化不良、倦怠感、頭痛、情緒不安定、疲れなど。
  • 副作用は上記に限りません。
  • 服用し忘れた場合は、飲み忘れに気づいた時点ですぐに服用するか、次回の服用タイミングに近い場合は次回分から服用します。2回分を1回に服用することは避けます。

□レビュー検証

 

 

 

□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

シングレアジェネリック10mg

 

 

 

シムビコートタービュヘイラー120吸入効果はどれぐらいなのか?

□効果・効能・用法

 

 

商品概要

シムビコートタービュヘイラージェネリック120吸入は、喘息の発作の程度や頻度を軽減して、呼吸を楽にするお薬です。狭くなっている気管支の内部をひろげるとともに、炎症やアレルギーの症状をおさえるはたらきがあります。

シムビコートタービュヘイラージェネリック120吸入は「吸入ステロイド・β2刺激薬配合剤(ICS/LABA)」に分類されるお薬で、有効成分としてブデソニドとホルモテロールフマル酸塩水和物が配合されています。医療用医薬品としても「シムビコートタービュヘイラー」として、多くの医師が処方しているお薬の一つです。
気管支喘息の治療では、抗炎症薬と気管支拡張薬の2種類の薬剤を併用することにより、高い効果が得られることが知られています。

シムビコートタービュヘイラージェネリック120吸入は、抗炎症薬である吸入ステロイドと、気管支拡張薬であるβ2刺激薬が配合された吸入薬で、気管支喘息の治療に広く用いられています。類似薬として「アドエア」や「レルベア」、「フルティフォーム」などが販売されていますが、本剤は作用発現が早いことや、維持療法に加えて悪化時に追加吸入できることが特徴です。

シムビコートタービュヘイラージェネリック120吸入は、2種類の薬剤が配合されている吸入用医薬品です。

 

  • ブテゾニドは、T細胞やマスト細胞、血管内皮細胞、気道上皮細胞などの種々の細胞のサイトカイン産生抑制作用により、抗炎症作用を示します。また、炎症細胞の気道への浸潤抑制作用や血管透過性亢進抑制作用、粘液分泌抑制作用などを持つことも知られています。
  • ホルモテロールフマル酸塩水和物は、気管支に分布しているβ2受容体を刺激することにより、収縮した気管支をひろげるはたらきがあります。また、粘液線毛クリアランスを改善し、気道分泌液の排泄を促進する作用があることも知られています。

 

使用方法

気管支喘息に用いる場合>

  • 成人では、維持療法として1回1吸入(ブデソニドとして160μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として4.5μg)を1日2回、吸入投与してください。
  • なお、症状に応じて増減することが可能ですが、維持療法としての1日の最高量は1回4吸入1日2回までとしてください。
  • 維持療法として1回1吸入あるいは2吸入を1日2回投与している場合には、発作発現時に本剤の頓用吸入を追加することが可能です。
  • 発作発現時に1吸入し、数分経過しても発作が持続する場合には、さらに追加で1吸入し、必要に応じてこれを繰り返すが、1回の発作発現につき最大6吸入までとしてください。

※維持療法と頓用吸入を合計した本剤の1日の最高量は、通常8吸入までとするが、一時的に1日合計12吸入まで増量することも可能です。

慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解に用いる場合>

  • 成人では、1回2吸入(ブデソニドとして320μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として9μg)を1日2回、吸入投与してください。
  • 使用後は必ずキャップ(カバー)を閉めて、保管するようにしてください。
  • マウスピースの外側を週に1~2回、乾燥した布で清拭するようにしてください。水洗いはしないようにしてください。

 

副作用

<軽度の副作用>
しゃがれ声、けいれん、動悸、咳嗽、口腔カンジダ症、頭痛、肺炎、発疹、過敏症状など

<重大な副作用>
アナフィラキシー、呼吸困難、気管支攣縮、全身の赤み、血管浮腫、蕁麻疹、重篤な血清カリウム値低下など

 

□レビュー検証

 

 

 

□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

シムビコートタービュヘイラー120吸入

 

 

 

クレストール10mg効果はどれぐらいなのか?

□効果・効能・用法

 

 

商品詳細

クレストール10mgは、コレステロール値が高い場合の高コレステロール血症や、家族性高コレステロール血症の治療に使われる治療薬です。コレステロールの合成を抑制することで、血中コレステロール値を低下する効果があります。

使用方法

  • クレストールを、1日1回1錠夕食後に服用します。 
  • 飲み始めは2.5㎎から開始し、症状や医師の指示により1日最大20mgまで増量できます。
  • 当薬は1錠辺り10mgのため、始めは小さく割って服用します。

効果効能

 

□レビュー検証

 

 

 

□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

クレストール10mg

 

 

 

クレストール20mg効果はどれぐらいなのか?

□効果・効能・用法

 

 

商品詳細

クレストール20mgは、コレステロール値が高い場合の高コレステロール血症や、家族性高コレステロール血症の治療に使われる治療薬です。
コレステロールの合成を抑制することで、血中コレステロール値を低下する効果があります。

使用方法

  • クレストールを、1日1回1錠夕食後に服用します。 
  • 飲み始めは2.5㎎から開始し、症状や医師の指示により1日最大20mgまで増量できます。
  • 当薬は1錠辺り20mgのため、小さく割って服用します。

効果効能

 

□レビュー検証

 

 

 

□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

クレストール20mg

 

 

 

リピトールジェネリック5mg効果はどれぐらいなのか?

□効果・効能・用法

 

 

商品概要

リピトールジェネリックは、脂質異常症を治療するお薬です。コレステロールの生合成に関わる酵素のはたらきをおさえ、血液中のコレステロールの量を減らします。
リピトールジェネリックは「スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」に分類されるお薬で、有効成分としてアトルバスタチンカルシウム水和物5mgが配合されています。

スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)には強力なコレステロール低下作用が認められており、高脂血症治療の中心を担う薬剤として世界中で処方がおこなわれています。

国内では、プラバスタチン(メバロチン)、シンバスタチン(リポバス)、フルバスタチン(ローコール)、アトルバスタチン(リピトール)、ピタバスタチン(リバロ)、ロスバスタチン(クレストール)が使用されています。中でも、ファイザー社が販売しているアトルバスタチン(リピトール)は、数年間にわたり世界で最も売れた医薬品として注目を集めた医薬品です。

高脂血症とは、血清脂質を構成因子である、コレステロールとトリグリセライドのいずれか、または両方が増加した状態のことをあらわしています。狭心症心筋梗塞などの冠動脈疾患のリスクを高める要因であることも知られており、脂質の状態を適切に保つことが推奨されています。

リピトールジェネリックは、コレステロール合成の律速段階であるHMG-CoA還元酵素を拮抗的に阻害することが知られています。その結果、肝細胞内のコレステロールは減少し、種々の転写因子を経て血中からのLDLの取り込みが増加して、コレステロール低下作用を示します。
そのほかにも、血管内皮細胞、平滑筋細胞に対する作用や、抗炎症作用、抗動脈硬化作用も期待されています。

使用方法

<高コレステロール血症に用いる場合>

  • 成人では、アトルバスタチンカルシウム水和物として1回10mgを1日1回、服用してください。
  • 年齢、症状によって適宜増減して用いますが、重症の場合は1日20mgまで増量することが可能です。

 

<家族性高コレステロール血症に用いる場合>

  • 成人では、アトルバスタチンカルシウム水和物として1回10mgを1日1回、服用してください。
  • 年齢、症状によって適宜増減して用いますが、重症の場合は1日40mgまで増量することが可能です。

 

 

 

□レビュー検証

 

 

 

□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

リピトールジェネリック5mg

 

 

 

フォシーガ5mg効果はどれぐらいなのか?

□効果・効能・用法

 

 

商品概要

フォシーガは、2型糖尿病の治療に用いるお薬です。

「SGLT2阻害薬」という分類のお薬で、ダパグリフロジン5mgが配合されているお薬です。 腎臓におけるブドウ糖の再吸収も阻害する働きがあるため、血糖の改善に加えて体重を減らす効果も期待できます。

糖尿病に用いるお薬としては、非常に新しい作用機序を持っており、高い効果が認められています。 糖尿病は、血液中の糖の量(血糖)が多いことによる疾患です。

血糖が高い状態が続くと、糖尿病特有の合併症が起こってしまい、失明や腎臓病、手足の壊死につながってしまいます。 動脈硬化性疾患につながることもわかっており、心臓病や高脂血症などの原因となることもあります。

そのため、糖尿病を発症した際には、血糖を適切にコントロールすることが求められています。 糖尿病の治療の基本としては、食事・運動療法が基本となります。

しかし、これらのみでコントロールがうまくいかない場合には、経口血糖降下薬を服用することがおススメされます。

経口血糖降下薬には、従来のSU剤やチアゾリジン系薬、ビクアナイド系薬、メトホルミン製剤に加え、DPP-4阻害薬やSGLT2阻害薬などの新しい作用機序を持った薬剤が使われるようになってきています。

フォシーガは腎臓の尿細管という部位に多く存在する、ナトリウム・グルコース共輸送体(SGLT)2という輸送チャネルに作用して、糖が尿へと再吸収されるのを妨げます。

フォシーガは、SGLT2の競合的かつ可逆的な選択的阻害剤であり、空腹時及び食後の血糖コントロールを改善します。 また、尿から糖を排泄するため、体重減少などのダイエット作用が認められています。

ただし、高齢化などを中心に、脱水症などの副作用が認められているため、十分に注意をするようにしてください。

使用方法

フォシーガの効能・効果および用法・用量は、下記の通りです。

2型糖尿病 成人には、ダパグリフロジンとして5mgを、1日1回服用してください。 なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら1日1回、10mgまで増量することが可能となっています。

飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。 ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。

副作用

フォシーガの副作用としては「低血糖腎盂腎炎、敗血症、脱水、ケトアシドーシス」などが報告されています。

禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者、重症ケトーシス・糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者、重症感染症・手術前後・重篤な外傷のある患者」とされています。

肝疾患を有する方やその既往歴のある方、腎機能障害のある方、ご高齢の方では、血中濃度に影響をおよぼす可能性があるので、薬剤の増量・減量などを考慮して下さい。

他の糖尿病用薬(SU剤、チアゾリジン系薬、ビクアナイド系薬、DPP-4阻害薬など)、血糖降下作用を増強する薬剤(β遮断薬、サリチル酸剤など)、血糖降下作用を減弱する薬剤(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、アドレナリンなど)、利尿薬(ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬など)を服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので医師に相談をするようにして下さい。

(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。)

悪心・嘔吐、食欲減退、腹痛、過度な口の渇き、だるさ、呼吸困難、意識障害などの症状が現れた場合には、すみやかに服用を中止して医師に相談するようにしてください。

妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、インスリンによる血糖管理が強く推奨されているので、本剤は服用しないようにしてください。

授乳婦については、成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。

排尿困難や尿閉など、尿が出ない症状がある場合には、それらの治療を優先するとともに他の血糖降下薬での治療をするようにしてください。

低血糖症状を起こすことがあるので、高所作業や自動車の運転等を行う際には、十分に注意をするようにしてください。

 

□レビュー検証

 

 

 

□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

フォシーガ5mg